蕃爽麗茶の利尿作用 グァバ茶のタンニン

蕃爽麗茶に利尿作用はあるか?

蕃爽麗茶に利尿作用があるのかといえば。
まずは飲み物ですから、そりゃーおしっこがしたくなると思うんです。

 

 

なので水分をとったらおしっこがしたくなるところがあるので。
成分どうこう以前の前に、水分を摂取しておしっこが近くなったり、おしっこの量が増えたりすることはあると思います。

 

 

じゃあ成分的には利尿作用はどうなのか?
蕃爽麗茶はグァバ葉ポリフェノールの影響によって血糖値に作用します。
蕃爽麗茶はグァバ茶と考えることができると思うんです。

 

まぁもしかしたら、グァバ葉ポリフェノールを配合した、まったくグァバ茶とは関係ない飲み物かもしれません。
でもやっぱり蕃爽麗茶は普通に考えて、グァバ茶に近いものだと思います。

 

 

そうなるとグァバ茶にはタンニンが配合されてい。
このタンニンに利尿作用があるとされています。

 

 

なので、確実なことは言えませんけど。
もし蕃爽麗茶にタンニンが配合されていれば、利尿作用がある可能性はあります。

 

 

 

 

 

あまり気にしなくていい

ただ蕃爽麗茶は食事時に200mlを目安に飲みます。
そのぐらいの量では、大差ないというか。

 

他の飲み物でも、飲み物を飲めばおしっこはしたくなるものだと思います。

 

 

 

蕃爽麗茶はタンニンによって利尿作用があるとされていますけど。

 

コーヒーや緑茶に配合されているカフェインにも利尿作用があるとされています。
自分的にはこっちのカフェインのほうが、よっぽど利尿作用が強いような気がしないでもないです。

 

ついつい飲みすぎてしまうからかな?

 

 

蕃爽麗茶は食事時に200mlを飲むって感じなら。
いくらタンニンを配合していて、それが利尿作用があるとしても。
そこまで利尿作用を感じることはない気がします。

 

まぁ利尿作用があったほうがいいのか、ないほうがいいのか。
人それぞれ考えは違うと思うんですけどね。

 

 

 

 

 

利尿作用のメリットデメリット

利尿作用にはメリットデメリットがあります。

 

メリットとしては、まぁ体の腐敗物は出したほうがいいので。
おしっこがでやすいというのは、体の悪いものを外に出すことができますね。

 

頻尿対策として、利尿作用が強いものを飲んで、おしっことともに細菌を出すとか。
そういうのもなかったっけ?

 

 

なので、利尿作用が強いと聞くと
「頻尿になってしまう」
と思っている人がいますけど。

 

それは利尿作用があるものを飲んだ時は頻尿になりますけど。
根本的な頻尿を改善できる可能性があるわけですね。

 

 

一方の利尿作用のデメリットは、これは簡単でトイレがめんどくさかったり。
すぐにトイレに言っていると、トイレに行きたくなってしまうっていうのがありますね。

 

まぁ利尿作用が強すぎると、体の必要なものまで排出してしまうなんて言われていたりするので。
そういうのは稀なことだと思いますけど。
高齢者は気を付けたほうがいいのかもしれません。

 

 

やっぱり利尿作用のデメリットはトイレが近いことだと思います。
すぐにトイレに行っていると、普段からトイレに行きたくなってしまいます。
なので、普段は少し我慢をして、トイレの回数を減らすようにしたほうがいいかもしれません。

 

まぁよく言われるデメリットは

  • トイレに行けないときの尿意
  • 夜寝ているときトイレに行くのがめんどくさい

この2つだと思います。
この2つが大きいので、利尿作用があるものって、どちらかというと悪いイメージがありますねぇ。

 

 

蕃爽麗茶はグァバ葉ポリフェノールを配合していますけど。
蕃爽麗茶がグァバ茶なのか?
そして、蕃爽麗茶にはタンニンを配合しているのか?
ここの確かなことはわかりません。

 

なので、もしかしたら蕃爽麗茶には利尿作用はないかもしれません。

 

 

でも飲み物ですからね。
成分的に利尿作用がなかったとしても、飲み物を飲めばトイレは近くなると思います。

 

ただ食事時に200mlですから。
その量を考えると、大丈夫だと思うんですけどねぇ。

 

 

蕃爽麗茶は値段が高いので。
「ついつい飲みすぎてしまった」
なんていうことも少ないと思います。
飲みすぎたらもったいない感じがありますから…。