蕃爽麗茶の便秘効果 ヤクルトのお茶

蕃爽麗茶の便秘改善効果

蕃爽麗茶やヤクルト社から販売されています。
そのため(?)か血糖値に有効なお茶なんですけど、便秘への効果が注目されています。

 

 

ヤクルト社の代表的な製品といえば、乳酸菌飲料のヤクルトですよね。
このヤクルトは便秘改善効果があると評判というか、おなかの調子を整えるトクホの飲み物なんですよね。

 

 

蕃爽麗茶もトクホなんですけど。
蕃爽麗茶のトクホは、ヤクルトのトクホと効果が違って。
糖の吸収を抑制する効果です。

 

 

蕃爽麗茶がトクホなのは血糖値への効果なんですよね。
おなかの調子を整えるからトクホなわけではないんです。

 

 

なので

  • ヤクルト⇒おなかの調子を整える⇒便秘効果
  • 蕃爽麗茶⇒糖の吸収を抑制する⇒血糖値への効果

こんな感じでトクホなんですけど、その効果は別物です。

 

でもだからといって、蕃爽麗茶に便秘改善効果がないと断言できるわけではないです。
なぜなら、お茶は便秘改善効果があるといわれているものが多いからです。

 

 

 

 

 

蕃爽麗茶はグァバ茶のお茶

蕃爽麗茶はグァバ葉ポリフェノールを配合したお茶です。
自分は蕃爽麗茶はグァバ茶だと思っています。

 

 

グァバ茶の効果として便秘改善効果をあげている人いますから。
蕃爽麗茶で便秘が改善してもなにもおかしくはありません。

 

 

 

ただ便秘改善効果になると、別に蕃爽麗茶ではなくてもいいような気がします。
お茶のほとんどは便秘に効果があるとされていますから。

 

蕃爽麗茶のような値段の高いお茶を買わなくても。
値段の安いお茶でも、便秘改善効果が期待できそうな気がします。

 

 

この画像の笑福亭鶴瓶の麦茶は150円ぐらいで買えますからね…。
一方の蕃爽麗茶は2Lペットボトルのものが600円ですから。
ちょっとひどすぎないか?

 

いや、蕃爽麗茶が値段が高いっていうのもありますけど。
この笑福亭鶴瓶の麦茶が安すぎるでしょ。
でもそんな安い値段で販売しても、利益がでるのがお茶だと自分は思っていますけどねぇ。

 

 

蕃爽麗茶はあくまでも血糖値に効果があるお茶として特徴があるわけで。
だから値段が高いのだと思います。

 

もし便秘改善効果を期待してお茶を飲むのなら、蕃爽麗茶以外のお手ごろなお茶や。
便秘改善効果が高いとされているお茶を選択したほうがいい気がしますね。

 

 

 

 

 

血糖値も便秘へも効果を期待するのはあり

まとめると、蕃爽麗茶は便秘改善効果があってもおかしくないです。
でも、便秘改善効果を期待するのなら別のお茶でも十分です。

 

 

血糖値が気になりつつ、便秘な人には蕃爽麗茶は理想的なお茶だと言えます。
結局血糖値が気になる人や、糖尿病な人におすすめってわけであって。

 

便秘効果はおまけ効果だと考えたほうがいいかもしれませんね。
もちろんお金に余裕があるのなら、便秘改善効果のためだけに蕃爽麗茶を買ってもいいんですけどね。
味目的や、ダイエット効果目的で蕃爽麗茶を買う人もいるみたいですし。

 

 

ただ便秘への効果だけを期待して蕃爽麗茶を買うっていうのは。
自分的にはすっごくコストパフォーマンスが悪いと思います。

 

「蕃爽麗茶ではないと便秘が改善されない」
っていうのなら、蕃爽麗茶でいいと思います。
でもそんなことありえるのか…。

 

 

蕃爽麗茶を便秘改善のために飲むのなら、ヤクルトを買えばいいのでは?

 

 

もちろん何を飲もうがその人の自由ですけど。

 

蕃爽麗茶はヤクルト社の製品ですけど。
お茶の中に乳酸菌シロタ株が配合されているってわけでもないですし。

 

「ヤクルト社が販売しているから便秘に効果がありそう」
と言っても、効果の方向性が違う気がします。

 

 

ただお茶は基本健康に良いので。
ヤクルトを飲むより、蕃爽麗茶を飲んだほうが便秘が改善するっていう人は多そうです。

 

ヤクルトは乳酸菌シロタ株を配合して、腸内環境を整えますけど。
結構癖のある飲み物で、砂糖(甘味料)配合で甘かったりするので。
健康の点でマイナス要素もみつかったりしますからね。

 

でも蕃爽麗茶はお茶ですから。
健康にマイナス要素があるとは思えないです。