蕃爽麗茶のデメリット グァバ茶と値段

蕃爽麗茶のデメリット

ヤクルト社の血糖値に効果があるお茶である蕃爽麗茶。

 

 

この蕃爽麗茶のデメリットは
【価格が高い】
という点ぐらいしか思いつかないです。

 

お茶で200mlが100円。
2000mlで600円というのはすごく高いです。

 

普通のお茶なら2000mlが100円〜150円で買えますからね…。

 

 

まぁ血糖値に効果があるという、トクホ要素を考えると。
値段が高いのもしょうがないと思えますけど。

 

蕃爽麗茶はグァバ茶のお茶です。
グァバ茶のお茶を別に購入したほうが安上がりなんですよね。

 

 

 

 

 

グァバ茶のお茶の値段

ドラッグストアに行ったら、グァバ茶のお茶があったので購入してみました。

 

 

1箱450円ぐらいでした。

 

たしかに自分で煮出すタイプなので手間がかかります。
でも、蕃爽麗茶の値段を考えれば、グァバ茶を普通に購入して飲んだほうが安上がりです。

 

 

蕃爽麗茶は人気もあって、トクホに認定されています。
なによりヤクルト社というのは、大手メーカーなので信頼できます。
健康のために飲んでいるのだから蕃爽麗茶を買うのが安心できると思います。

 

 

ただ蕃爽麗茶の値段が気になる人で
「値段が安く、似たようなお茶はないのか?」
と思う人には、グァバ茶のお茶を買うのをおすすめします。

 

【グァバ茶製品一覧はこちら】
グァバ茶

 

蕃爽麗茶とグァバ茶。
「どちらが正解なのか?」
なんていわれても、答えなんてないというか、人それぞれです。

 

 

逆にいえば
【こちらに選ぶ権利がある】
わけで、どちらか片方だけを選ぶ必要はないですし、途中で変えてもいいわけですよ。

 

両方試して、自分の好むほうに決めるのもいいわけで…。
まぁずっと続けるタイプの飲み物になりますから。

 

気長に答えを見つけていけばいいと思います。

 

 

 

 

 

蕃爽麗茶の他のデメリット

どうも口コミを見ていると
「スーッとする味が好まない」
という人がいますけど、それは味の好みでしかないですからね。

 

「慣れたら蕃爽麗茶ではないと満足できない」
という人もいるので、味がデメリットとは言えないと思います。

 

 

ただそんなことを言ったら、蕃爽麗茶の値段が高いというのも
「値段が高いから効果が高そう」
という人は多いと思うんです。

 

逆にグァバ茶になると
「値段が安いから効果がなさそう」
と思う人もいると思います。

 

 

よくマクドナルドのハンバーガーは
「安いけどおいしくない」
なんていわれていますけど。
それは単に安いから、値段相応の味だと感じているのかもしれませんよね。

 

 

逆にモスバーガーは、値段が高いから
「マックよりモスのほうがおいしい」
なんて言われているのかもしれません。

 

 

人間、値段が高いもののほうが価値があるように思えます。
なので、値段が高いという蕃爽麗茶のデメリットも。
実はそれはメリットだったりするのかもしれませんねぇ。

 

 

蕃爽麗茶って値段が高いのに口コミ数は沢山あるんですよ。

 

沢山の人が購入しているという点でも
「これにしよう」
と思えるところがあります。
逆にグァバ茶のお茶になると、蕃爽麗茶ほどの口コミ数はないんですよ。

 

そうなってくると
「みんなグァバ茶よりも、蕃爽麗茶を選んでいるんだろうなぁ」
と思えて、蕃爽麗茶のほうが魅力的に見えますよね。

 

 

蕃爽麗茶みたいな製品が、ヤクルト社以外のメーカーが出していたら、購入されなかったと思います。
でもヤクルト社という大手メーカーの製品ゆえに、この値段でも売れて人気商品になっているところはあると思います。

 

そもそも蕃爽麗茶って血糖値に有効なお茶なのに、ダイエット効果を期待して飲んでいる人もいる現状です。
ダイエット効果を期待するのなら、それこそ蕃爽麗茶ではなく、グァバ茶でいいと思うんですけど。

 

「蕃爽麗茶で痩せる!」
という口コミが広まっているから、蕃爽麗茶というお茶を買う人がいるわけですよね。

 

結局蕃爽麗茶もヤクルト社が販売しているグァバ茶のお茶でしかないんですけど。
人気製品ゆえに、他のメーカーのものより蕃爽麗茶が選ばれているっていうかな。
そういうところを感じますね。