グァバ茶ノンカフェイン 子供妊婦

グァバ茶はノンカフェイン 安心して飲める

グァバ茶は糖の吸収をおだやかにして、血糖値の上昇を抑えます。

 

そんな効果があるので
「副作用は大丈夫?」
と心配している人がいますけど、基本副作用はありません。

 

 

蕃爽麗茶はノンカフェインです。
グァバ茶はノンカフェインなんですよ。

 

 

 

緑茶にはカフェインが配合されています。
カフェインは大量に取ると体への負担になるので気にする人がいます。

 

でも、グァバ茶はノンカフェインです。
基本安心して飲めます。

 

 

まぁカフェインを配合していても、危険ってわけではないです。
カフェインの取りすぎが、体への負担になるわけで、基本お茶って健康に良い飲み物だと自分は思っています。

 

自分もカフェインを配合していますけど、緑茶をよく飲みますよ。

 

 

ただ妊婦さんや子供のことを考えると、カフェインの刺激が気になる人もいるようです。
それはなんとなくわかります。

 

後々後悔するのは嫌ですから、万が一も避けたいという気持ちなんだと思います。

 

 

 

子供も妊婦も安心して飲めるグァバ茶

グァバ茶は副作用がなく、カフェインも配合されていないので、子供や妊婦も安心して飲めます。

 

まぁそんなことをいったら
「なんで男性は健康を気にされないの?」
と思いますけど。

 

子供は小さい子の健康を気にする人がいるのだと思います。
妊婦さんも、やっぱり生まれてくる子の影響や、母体が気になりますから。
子供や妊婦の健康が心配されているのだと思います。

 

 

男性でもカフェインの取りすぎは注意です。
でもお茶でカフェインの取りすぎは無理だと自分は思います。

 

エナジードリンクを飲みすぎて、海外ではなくなってしまう人がいて、ニュースになっていますけど。
日本では、エナジードリンクもそこまで普及しているわけでもないので、カフェインの心配はあまりないと思いますけどね。

 

 

うちの母親は、なぜか最近ガラナという炭酸飲料を飲みまくっていますけど。
それでも体に特に影響はないです。

 

むしろカフェインって、やる気というか、目を冴えさせる効果があるので、人によってはエネルギッシュになると思います。
まぁだからカフェインを大量に配合している飲み物は、エナジードリンクっていうのだと思いますけど。

 

 

やっぱりそれは体への負担になるのだと思います。
カフェインを気にしている人にとっては、グァバ茶はノンカフェインなので安心ですね。

 

 

 

 

 

なぜ妊婦がグァバ茶に興味を持つのか?

妊婦さんがグァバ茶に興味を持っていて
「なんでなんだろうな?」
と思ったんですけど。

 

おそらくこれはグァバ茶の糖の吸収をおだやかにする効果で
【ダイエット効果を期待している】
からな気がします。

 

 

まぁお茶を飲むとすれば、なにかしらのお茶を飲みますから。
グァバ茶を飲むのも悪くないと思いますけど。

 

グァバ茶ってそんなに定番のお茶でもないと思うので…。

 

 

グァバ茶を飲む人には、なにかしら理由があると思うんです。
妊婦さんは若い人が多いと思うので、高血糖を気にしている人は少ないと思うので…。

 

やっぱり糖の吸収をおだやかにするダイエット効果なんじゃないかと思ったり。
まぁ別にどうでもいいですけど。

 

 

お茶ってだけで片付けられると困りますよね。
「お茶が健康にいい」
なんて言われても、お茶にもいろいろな種類がありますからね。

 

まぁでもお茶で健康に悪そうなものって思いつかないので。
妊婦さんはお茶なら、なんでも大丈夫だと思いますけどね。

 

カフェインを配合したものでも、お茶なら体によさそうですけど。
やっぱり不安による精神的悪影響が悪いかな。

 

【グァバ茶製品一覧はこちら】
グァバ茶

 

グァバ茶はノンカフェインですけど。
別に妊婦さんや子供におすすめのお茶というわけでもないような。
いや、おすすめできるんですけど、そんなことを言っていたら、ノンカフェインのお茶ならすべて妊婦さんや子供におすすめになるでしょ。

 

 

そもそもグァバ茶はダイエット効果が高いとされていますけど。
太りやすいお茶なんて聞いたことがないです。
お茶ならどんなものでもダイエットというか、痩せやすいと思うんですけどねぇ。

 

もちろん飲みすぎたらどうなるのか知りませんけど。

 

 

 

カフェインを気にするのは気にしすぎ?

まぁ子供や妊婦の体が大事だというのはわかるんですけどね。
お茶に配合されているカフェインを気にするというのは、気にしすぎだと思います。

 

 

カフェインはコーヒーにも配合されていて
「コーヒーを飲まないと落ち着かない」
という人もいると思います。

 

カフェインは緑茶に配合されています。
寿司屋に言ってお茶を飲もうとしたら
「緑茶はカフェインを配合しているから刺激的!」
なんて言う人がいたら、空気を読めなく感じます。

 

 

カフェインは過剰摂取が体に負担がかかるわけで、カフェインを配合した飲み物が危険だというわけではないと思います。
ただ人間の健康なんていうものは絶対はありません。
1%の危険でもあるのなら、避けたいという人もいると思いますけど。

 

 

でもこういうのは
「車に乗ったら事故にあうかもしれないから乗らない」
というのと似たようなものだと思います。

 

でも車は便利だから多くの人は乗りますよね。
いや、自分は車を持っていませんけど。

 

「車は危険だから徒歩で行く」
なんていう人がいれば
「徒歩で行ったほうが大変」
なんていう人もいるかもしれません。

 

でも実際のところ、車に乗れば事故にあうかもしれませんし、事故を起こすかもしれません。
徒歩で行くよりは、事故の可能性は高くなります。

 

 

 

 

 

精神的悪影響は馬鹿にできない

カフェインを気にしすぎると、カフェインを摂取したときにすごく不安になってしまいます。
でも世の中って、カフェイン以外にも過剰摂取したら副作用がでるものってありますよ。

 

 

ビタミンAだってそうですよね。
ビタミンAの過剰摂取は副作用につながります。
妊婦の人は特にビタミンAの過剰摂取は気をつけないといけません。
でもビタミンAを配合した「にんじん」が危険なんていわれませんよね。

 

そしてビタミンAの過剰摂取の危険を知らないから、ビタミンAを配合した製品を口にする人も多いかと思います。
実際ビタミンAが危険なわけでもなく、ビタミンAの過剰摂取が危険なわけで。
妊婦さんがビタミンAを摂取しても、大丈夫なんですよ。

 

 

でもビタミンAの過剰摂取が危険だと知ったとたんに
「ビタミンAを含む食べ物食べちゃったけど、大丈夫かな」
と不安になるわけです。

 

肝油ドロップは、ビタミンAの過剰摂取が心配される代表的な製品だと思います。
いや、肝油ドロップはビタミン薬なので、食べすぎはそりゃいけないことなんですけどね。

 

 

お茶のカフェインを気にするのも、気にしすぎだと思います。
まぁネットで
「カフェインには注意!」
なんていう人が多いから
「カフェインって危険なものなんだな」
と思ってしまうのだと思います。

 

そういうイメージがついてしまったら、カフェインを摂取すると不安になってしまいますよね。

 

 

本人が危険だと思うものは、食べたり飲まなければいいだけです。
ノンカフェインにこだわるのもいいと思います。
ノンカフェインにこだわることで、気持ちよく過ごせるので体に良い効果が高くなりそうです。

 

カフェインが危険だと思っている人に、カフェインを摂取させると、精神的不安によってストレスがたまり、ストレスの影響で体調を崩す可能性があります。

 

 

グァバ茶がノンカフェインというのは、カフェインを配合したお茶と、それほど大きな差はないと思います。
でもノンカフェインという言葉が安心感を与え、体に良い影響を与えることはあると思います。

 

  • カフェインを配合している⇒不安にさせる
  • ノンカフェイン⇒安心して飲める

 

今ではこういうイメージが強くなっているので、ノンカフェインのお茶のほうが魅力的だといえると思います。
でもノンカフェインなだけで大絶賛されていたら、ほとんどのお茶が絶賛されてしまうと思うんですけど。

 

そして日本人としては、緑茶のほうが体にあっている気がしますね。
ノンカフェインでも中国茶より、カフェインを配合した日本茶のほうが、安心できる人も多いと思います。

 

ケンタッキーなんかも、どう考えても体に悪そうな食べ物ですが
「国産チキンを使用」
なんていって、安全性(?)をアピールしていたりします。
なにがなんだかわからなくなってきます。

 

 

まぁいろいろ書きましたけど。
人間知らないほうが幸せってことは多いのかもしれません。