ヤクルト血糖値,砂糖

血糖値が高い人がヤクルトを飲んでも大丈夫?

ヤクルト社からは血糖値を下げるお茶「蕃爽麗茶」が販売されています。

 

 

 

ただヤクルト社の代表的な製品といえば乳酸菌飲料の「ヤクルト」だと思います。
「ヤクルト」は社名であり、プロ野球チーム名であり、飲み物の名前なんですよね。

 

 

 

ヤクルトは乳酸菌を配合したトクホの飲み物です。
おなかの調子を整える効果があります。

 

 

血糖値が高い人でも
「ヤクルトを健康のために飲んでいる」
という人がいます。

 

でも、ヤクルトがいくら乳酸菌の効果で健康にいいとしても、血糖値が高い人におすすめできる飲み物ではないです。

 

ヤクルトは甘いです。
砂糖が配合されています。
血糖値が高い人は、飲みすぎは気をつけたいところです。

 

 

用はヤクルトを飲んだら血糖値はあがります。
でもだからといって、ヤクルトが危険なのかどうかは人それぞれの判断になると思います。

 

 

 

危険か危険ではないのかの判断

人工甘味料もそうですよね。
人によっては人工甘味料は健康に危険なものだと思っている人がいます。

 

人によっては
「人工甘味料が配合されている製品は買いません」
なんていう人もちらほらいます。

 

 

でも高血糖値の人にとっては、人工甘味料は血糖値を上昇させない甘みとして助かるものです。
人工甘味料といってもいろいろな種類がありますからねぇ。

 

まぁ人工甘味料というだけで
「健康に悪い!」
という決め付けてしまっている人は、イメージ的にダメなのだと思います。

 

「ブラジル人はみんなサッカーがうまい」
「インド人は毎日カレーを食べている」
みたいな偏見というか、ステレオタイプが人工甘味料にも持っているのだと思います。

 

 

ヤクルトも乳酸菌を配合していて腸内環境を整える効果がありますけど。
「ヤクルトは甘いので乳酸菌サプリメントのほうがいい」
なんていう人もいますよね。
でも実際のところ答えなんてありませんから。

 

 

ヤクルトを飲んだら血糖値があがる可能性は高いです。
でもそれが健康に悪いと決め付けることはできないかと。

 

ヤクルトには乳酸菌シロタ株が配合されていますから。
その効果で、健康にプラスになる可能性は十分あります。

 

もし血糖値があがる食べ物飲み物、すべて避けないといけないのなら。
ほとんどのものが食べれませんしねぇ。

 

 

 

 

 

ヤクルトと蕃爽麗茶ではトクホの効果が違う

ヤクルトはトクホです。
同じく蕃爽麗茶もトクホの飲み物です。

 

どちらもトクホですが、トクホの効果が違います。
蕃爽麗茶がトクホで、ヤクルトもトクホだから、ヤクルトも血糖値を抑える効果があるというわけではないです。

 

 

ヤクルトの効果は「乳酸菌シロタ株の効果でおなかの調子を整える効果」なんです。
蕃爽麗茶の効果は「グァバ葉ポリフェノールの効果で血糖値(糖の吸収)を抑える効果」です。

 

同じトクホの飲料でも効果が違うんです。
ヤクルトに配合された乳酸菌シロタ株に血糖値を下げる効果があるのかどうかは、今のところ不明です。
2016年現在はヤクルトには血糖値への効果は判明していません。

 

 

ヤクルトが血糖値を下げる効果がまったくないとは言いません。
乳酸菌シロタ株の効果で血糖値が下がる可能性は否定できませんから。

 

乳酸菌が血糖値にいいという事例もあるようです。
ただヤクルトに配合されている「乳酸菌シロタ株」にそのような効果の発表は今のところありません。

 

 

ヤクルトには砂糖が配合されています。
普通に考えると、血糖値を下げる効果より、悪影響の要素(血糖値上昇)のほうが強いイメージがあります。

 

飲み物のヤクルトに血糖値を下げる効果を期待するのは、自己責任になります。
一般的には
「飲まないほうがいい」
とされてますけど。

 

それも各自の考えにすぎないですよね。
人間の健康には絶対というものはありませんから。

 

 

「血糖値があがる食べ物や飲み物を口にしたらだめ」
なんていわれたら困ってしまいます。

 

ヤクルトには砂糖が配合されていますが、それ以上の血糖値に良い効果が乳酸菌シロタ株にはあるかもしれません。
2016年現在は、そういった効果はなにも判明されていませんけど!

 

 

蕃爽麗茶はトクホで血糖値に有効な飲み物です。
ヤクルトもトクホなんですけど、血糖値への効果は発表されていません。
ヤクルトのトクホはおなかの調子を整える効果なわけです。

 

なので
「ヤクルトはトクホだから、血糖値が高くても安心」
という考えは間違っています。

 

 

まぁすくなくとも乳酸菌シロタ株は腸内環境を整える効果はあります。
健康に良い効果は少なからずあるかと。
自分も毎日ヨーグルトを食べていますし。

 

でも血糖値のへの影響の点では、ヤクルト自体は血糖値があがる飲み物なわけですね。
高血糖値の人がヤクルトを飲むのはリスクもあるかと。

 

 

 

 

 

問題になるのはヤクルトには砂糖が配合されている点

飲み物のヤクルトには砂糖が配合されているんですよね。
そして血糖値が高い人は、できるだけ砂糖は摂取したくない成分です。

 

 

つまりヤクルトに配合されている乳酸菌シロタ株が血糖値に有効かどうかは不明です。
でもヤクルトに配合されている砂糖は血糖値を上げる成分なんです。

 

血糖値が高い人は、ヤクルトは飲まないほうがいいのかもしれません。

 

 

ただこれはあくまでも各自の判断です。
血糖値が高い人は、1つも砂糖を摂取できないというわけではないです。

 

ヤクルトを飲むことで、腸内環境が整い体調がよくなる可能性も十分あります。

 

 

血糖値の状態にもよると思います。
血糖値が高い人も、まったく砂糖をとっていないと低血糖になる可能性もあります。
そういうときにヤクルトを飲むのもいいと思いますね。

 

 

ヤクルト1本の量は65mlです。
ヤクルト400だと1本80mlですね。

 

ヤクルトはそれほど量が多いわけではないです。
砂糖の量も多くないと考えられます。

 

 

ちなみに噂では普通のヤクルト1本には角砂糖2個分入っているということです。
量に対しては、結構な砂糖の量が入っていると考えている人が多いです。

 

なので、血糖値を気にしている人はやっぱりやめたほうがいいかもしれませんね。

 

 

 

ヤクルトカロリーハーフなら大丈夫?

カロリーを抑えたヤクルトカロリーハーフになると、砂糖が配合されておらず人工甘味料スクラロースが配合されています。

 

 

 

高血糖の人や糖尿病の人なら、ヤクルトカロリーハーフを飲むことで血糖値があがらないかもしれません。
まぁ実際にヤクルトカロリーハーフを飲んでの血糖値を測ったことがないので、どうなるのかはわかりませんけど。

 

自分は血糖値のスペシャリストでも、ヤクルトの原材料のスペシャリストでもないので…。
ヤクルトカロリーハーフはたしかに砂糖は使われていませんけど。
他の原材料も血糖値を上昇させないものなのかは、わかりかねます。

 

ただ、普通のヤクルトよりは血糖値上昇の危険はすくなさそうですよね。

 

 

 

人工甘味料スクラロースは危険?

ヤクルトカロリーハーフは砂糖は使われておらず、人工甘味料スクラロースが使われています。
なので、高血糖や糖尿病でヤクルト好きな人にとっては、ヤクルトカロリーハーフはうれしい製品だと思います。

 

 

スクラロースは血糖値はあがらない甘味料ですから!

 

 

ただネットでは
「甘味料は悪い」
「人工甘味料はむしろ高血糖を引き起こす!」
みたいなことを書いている人が多いです。

 

まぁいろいろと理由をつけて
「スクラロースは血糖値はあがらないが、甘みを求めるようになってしまうので、後々高血糖になってしまう!」
みたいな感じのことを言っている人が結構います。

 

 

糖尿病の人にとっては、スクラロースといった人工甘味料は甘みを摂取するためにはとてもありがたいものです。
でも
「人工甘味料は健康に悪い」
とネットの多くでそういうことが言われているので、怖くなってしまいますよねぇ。

 

まぁネットでは、人工甘味料って悪者にしたほうがいろいろ都合がいいんですよ。

 

 

ネットって、褒めるより危険性をアピールしたほうが、いろいろと都合がいいんですよね。
まぁそんなのは新聞やニュースなんかでも同じな気がします。

 

テレビの健康番組でも、痛風のことを
「急にハンマーで殴られたような痛み」
なんて言えば、そりゃ視聴者は怖くなり興味を示しますよね。

 

 

甘味料って悪く言ったほうが、やっぱり興味をもたれると言うか、そういうところがあるのだと思います。
なのでネットで甘味料について検索すると
「甘味料は危険!」
「甘味料のリスク!」
「○○は甘味料を配合しているから危険!」
というような、不安を煽るようなことを言っているところが多いのだと思います。

 

テレビだと甘味料を悪くいうとスポンサーの製品にいろいろ影響しそうなので…。
甘味料を悪く言っている番組はほとんどみかけない気がしますけどね。

 

ネットや書籍ではその逆でとにかく甘味料を悪く言って、注目を集めているものが多いような。

 

 

実際のところ、ネットは単なるパクリ記事が横行しているだけだと思いますけどね。
ほんとまとめサイトとか、ほとんどがゴミサイトですからね…。

 

ネットでは人工甘味料を悪く言っている人が多い分。
それをコピペ(真似する)サイトが多いので、ネットでは
【人工甘味料=悪い】
というのがイメージづいているのかと思いますね。

 

 

まぁ用は血糖値が気になる人でヤクルトを飲みたい人は
「砂糖ではなく甘味料が使われているヤクルトカロリーハーフがおすすめ」
ってことです。
まぁこれも単に自分の見解にしか過ぎませんけど。

 

人工甘味料が健康に悪くても、砂糖といった甘味料だって健康には悪いでしょ。
人工甘味料を取るか、砂糖を取るかって話だと思うので、それなら高血糖の人は人口甘味料のほうがいいのでは?

 

もちろん高血糖の人が普通のヤクルトを飲んでも、大きな影響はないと思います。
だってヤクルトって1本65mlだっけ?
ヤクルト400でも80mlでしょ?

 

そのぐらいの量で体調を崩していたら、ちょっとヤバイと思いますけど。
まぁ人間ヤクルト以外にも、食べたり飲んだりしていますから、もし糖を取りすぎているのならヤクルトは控えたほうがいいでしょうね。

 

結局バランスだわぁ。
でも幼稚園の頃から、バランスの良い食事が大事って教わっていたでしょ!

 

 

 

 

 

ヤクルトを飲むのが日課な人もいる?

 

「私は朝は絶対にコーヒーを飲まないといけないんです!」
という人がいます。

 

わがままに感じるかもしれませんが。
そういう人っているんです。

 

 

そういう人がヤクルトでもいるかもしれません。
「私はヤクルトを飲まないと調子が悪い!」
そういう人は、ヤクルトを飲むのもいいかもしれません。

 

 

そういう人は、砂糖を使っていないヤクルトをチョイスするのもいいと思います。
カロリーハーフヤクルトなら人工甘味料が配合されているので、血糖値はそこまであがらないかと。

 

 

まぁそこまで砂糖なし製品にこだわらなくてもいい気がしますけどね。
気持ちの問題だと思います。

 

自分は他人事だからなのか
「別にヤクルトぐらい飲んでもいいのでは?」
と思いますけどねぇ。

 

 

ただ人によっては
「砂糖を摂取したら不安」
という人もいると思いますし。

 

人によっては
「血糖値が高いのなら、ヤクルトを飲むのをやめろよ!」
という人も多そうです。

 

実際ヤクルトは血糖値を下げる効果があるとは思えないです。
逆に血糖値をあげる可能性のほうが高いと思います。

 

 

でも人によっては
「ヤクルトは絶対飲みたい!」
という人もいると思います。

 

ヤクルトを飲むかどうかは、各自で判断してください。
結局自分の体ですからね。

 

 

 

ヤクルトは飲まないべきなのか?

結論としては

 

血糖値が高い人はヤクルトは飲まないほうが無難

 

です。

 

 

医者に相談しても、おそらく
「飲まないほうがいい」
っていうでしょ。
医者も責任取れないので、危ないものは否定するスタンスだと思うので。

 

ただこれは一般論です。
ヤクルトを飲まないほうが良いというのは、ヤクルトには砂糖が配合されているからです。

 

 

ヤクルトは乳酸菌シロタ株を配合しています。
おなかの調子を整えてくれる効果を期待できます。

 

ヤクルトをずっと続けてきた人には、ヤクルトをやめるのはつらいと思います。
ヤクルトを飲むのをやめて、体調(調子?)を崩したら本末転倒ですし。
腸の状態が悪くなると免疫力が落ちたりで、いろいろなデメリットがありますからねぇ。

 

うまく私生活の中で砂糖の量を調節できるのなら、ヤクルトを飲まなくするかどうかは個人の判断になると思います。

 

 

ちょっと例えは違うかもしれませんが。
医者だってタバコを吸う人だっています。
むしろ、医者は結構な人がタバコを吸っていたが、ここ最近の禁煙ブームで吸う人が激減しているなんて言われています。
イメージ的な問題があるのだと思います。

 

だから医者は自分はタバコを吸っていたとしても、患者には禁煙をすすめるでしょ。

 

 

悪いとわかっていてもやめられないことってあります。
やめられないのなら、他で制限とか、割り切るしかないと思いますね。
人間って弱いんです!

 

まぁヤクルトを飲むことぐらいなら、すぐにやめれそうな気もしますけど。
それは自分が毎日ヤクルトを飲んだりしていないからなだけだと思います。

 

自分は毎日ヨーグルトを食べていますけど。
「ヨーグルトを食べるのをやめろ」
といわれたら、普通にやめれそうですけどね。

 

 

ただネットはやめれそうもないです。
ネットをやめたほうが目に優しいというのがわかっているんですけど。

 

ネットはやめれそうもないです。
このままだったら、どんどん視力が落ちていってしまいそうです。
それでもネットはやめれそうもないので、結局人間なんてそんなものです。